2012年 09月 23日
撮り方(ロンロン編)







本日いつものランでロン君と一緒に遊びました。
ロンロンの得意技ディスクキャッチを撮影してみましたよ。


3兄弟は最近走り回ることが少なくなり、ここまで追って撮影したのは久しぶりでしたw



(ここからはマニアックな話になるので、、、飛ばしちゃって下さい スミマセンw)

撮り方は至って簡単なのですが、、、ピントを合わせてシャッターボタンオシッパw
だけど、これが意外にピンがとんじゃうんですよね。。。

なので、ちょっくら僕なりの撮影方法をここで・・・

まず、頭の中で大方イメージをしながら、予測できるようにワンコの動きや走り方を少し観察します。
それから、その日の天気や、日の位置を見ながらどういう設定・ポジションで行くのが一番ベストかを判断します。
(これって難しいように読めますが、簡単ですし、凄く重要なポイントになっちゃいます)


それからカメラのスタンバイなのですが・・・


まず、こういう写真は理想的には、ワンコの体・つま先・マズル先までピントを合わせたいものです。
ですので、今回f5.6でチョイスをしてみました。
それから、ISO感度の設定に移ります。

f値(絞り)は、割りと多くの人が自分で設定しておられると思いますが、意外に自動設定している方が多いのはISO感度ってやつですね。

このISO感度ってのは、意外に重要なもので、これをいじれるようになれば全然写真は変わりますよ!

PC上の写真では案外見極めるのが難しいのですが、写真に現像してみるとISO感度まで考えて撮った写真と、そうでない写真は歴然に変わってきます。

っで、めっちゃ簡単にいうとISO感度はできるだけ低めに設定します。
(ちなみにこの写真はISO800で撮ってます。)

なぜかと言えば、簡単になりますがISO感度が高ければ高いほど、写真に起こした時に、写真のザラツキがひどいですw

本日は曇り&撮影時間が15時過ぎだったため、これ以上下げちゃうとシャッタースピードに影響してくるので、ここが限界と判断しました。

本来、晴天の昼時であれば殆ど200~400って感じなのですが、今回はF5.6 S2000 ISO800 で行けると判断し、カメラの設定をポチポチっとw(RAW設定です)

露出・ホワイトバランスやピクチャースタイルも基本いじるのですが、そこまで書くと面倒・・・なので今回は省きますw

それらを終えたら、後は被写体にピント合わせ、ポチっとなのですが・・・

基本的に体が覚えちゃえばなんてことない撮影ショットなのですが、結構ピンが外れたりするんですよねw
っで、ピンが飛ばないポイントは・・・


この写真は、「「流し撮り」」ではないので、俗に言う、振りぬく必要はないです。
焦ってカメラを振らずに、しっかり追うってイメージで


ただ撮るよりも考えて撮るとまた一味変わってきますよん♪
(今回ロンロンの動きをポイントにしたかったのでロン君に寄って撮影したので、ディスクまでは入れてません)

てか、最近流してないので、完全に鈍ってそうですw
(大五郎も走ってくれぇ~www)

以上、アバウトな説明なのですが僕なりの撮影スタイルでしたw


b0213543_23303181.jpg


b0213543_23304648.jpg


b0213543_23305932.jpg


b0213543_23311362.jpg


b0213543_23312741.jpg


b0213543_23313843.jpg


b0213543_23314636.jpg


b0213543_23315620.jpg


b0213543_23321086.jpg


by bounosuke | 2012-09-23 00:25 | IG


<< marbletale 9月新作...      アルバム >>